1月の例会のご報告

 1月の通常例会(11日・真応寺)と東京例会(23日・練馬区立豊玉第二小)は、同じ内容で実施いたしました。11日は16名、23日は11名の先生方のご参加があり、和やかな雰囲気の中、充実した研修となりました。

 

 最初は、10年ほど前の「教育音楽・小学版」の付録として掲載された、鍵盤ハーモニカで演奏できる楽曲を4曲、皆さんで演奏しながら、どの学年で、どんな扱い方で学習ができるかを検討しました。教材性の高い楽曲が多く、すぐにでも授業に使えそうな楽曲ばかりでした。技能面でのハードルが低く、曲を演奏することに多くの時間を必要としないけれども、子どもたちが〔音楽の素〕を自ら操作して、様々な楽しみ方のできる器楽のための教材は、あまり多くありません。私のところにある古い「教育音楽・小学版」の付録楽譜から、今の授業で使える教材を発掘する作業を、これからも続けたいと思っています。

 

 2つの目のテーマは、卒業式に関する話題でした。埼玉でも東京でも、先生方のお悩みは、ほぼ共通していました。卒業式の合唱に向けての子どもたちの意欲の高め方、授業とのリンクのさせ方などについて、参加の皆さんからもご意見をいただきながら検討しました。子どもたちに、卒業式で合唱をする意味をしっかりと伝え、思いが伝わる「表現」に適した歌い方に導くことを確認しました。

 さらに、謝恩会などの出し物の練習で3学期は通常の授業ができなくなるというお悩みも、たいへん切実なものがありました。それぞれの学校の事情もあるのですが、年間指導計画にある鑑賞や音楽づくりの活動を全くやらず、授業時間を合唱と器楽の練習にすべて使うというのは大問題です。毎年のことですので、すぐに変更できないかもしれませんが、管理職の先生とも相談をしながら、音楽の授業時間の確保をする必要性を確認しました。 

 その他、証書授与のBGMには、モーツアルトの協奏曲の長調の緩徐楽章が適しているなどの話題にも触れ、例会を終了しました。 

平成30年

6月15日(金)18:30~

会場:真応寺 【開催】

①器楽の個人練習の時間に子供同士のトラブルが発生して困っている先生からの相談です。

②「交響曲第5番”運命”第1楽章」を教材とした鑑賞の学習の進め方を検討します。 

 

6月18日(月)18:30~

会場:真応寺 【開催】 

 6月10日(日)の合唱曲選曲会と同内容です。当日欠席された先生方からの要望で再開催いたします。 

平成30年

【ビギナーズ例会】

【東京例会】

6月28日(木)18:15~

会場:練馬区立豊玉第二小

開催】 

 所沢市立小手指小学校教諭で作曲家でもある松長誠先生によるICT活用講座を予定しています。

※個別相談の公開、例会は

 は、どなたでもご参加い

 ただけます。ご参加お待

 ちしています。

※新規に参加をご希望の方  

 は、お問合せフォームよ

 り事前にメンバー登録を  

 お願いいたします

登録メンバー数

さいたま市内の先生           

         78人

埼玉県内(さいたま市以外)の先生    76人

 

東京都の先生   112人

 

その他の道府県の先生            

         129人

 

合計       395人

 

※平成30年4月18日現在

RSS登録はこちらからどうぞ!